オペレーションの効率化

飲食店では、普通に商品を売るだけでなく、料理を作るオペレーションの時間も必要になってきます。そのためこのオペレーションが滞ってしまっては、お客様に待ち時間のストレスに加え、悪い印象を与えてしまいます。場合によっては「まだ料理がきていない」という問い合わせにも繋がってしまい、さらにオペレーションが遅くなってしまいます。しかし、料理を作るスピードを速くするにも、限界があります。これらを解消するために、メニューブック上で、どのような工夫をしていけば良いのでしょうか。

まず、待ち時間を明確にすることでお客様のストレスを軽減することができます。「蒸らすのに○分お時間を頂いております」「オーダーを頂いてから調理をしますので○分お時間を頂いております」など、理由と時間をはっきりさせることで、お客様にも納得してもらいやすくなるでしょう。時間が分かれば安心してお客様側も待つことができますし、お酒などがある場合には先に別のものを注文しておくということもあるかもしれません。調理をするスタッフ側としても先に時間を明示したことで焦らず調理ができますので、スタッフの満足度アップにも繋がります。

逆に「すぐに出せる料理」を示しておくのも効果的です。特に居酒屋では定番メニューとして、はじめのページに枝豆やキムチ、もろきゅうなどが紹介されています。これらはほとんど器に盛るだけで済むので、すぐに出せるメニューとして調理側としても楽な料理と言えます。ドリンクに合うつまみという形で、料理がくるまでの繋ぎとして提供できるのです。お客様は、注文を忘れられてしまうのでは、という不安があります。しっかりと時間を伝えることで、不安なく待ち時間を過ごしてもらえるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です