クチコミの種まきおじさん

メニュー表やメニューブック、飲食店内のデザインなど
丹精込めて作ったお店を広めるにはどうすればいいでしょうか。

来店時の施策として、最後にもう一つ大切なことを付け加えておきます。
それはお客様のことを「紹介者」として捉えるということです。

そう考えるといま来店しているお客様は、
実はクチコミの種まきおじさん候補といえないでしょうか。
(実際おじさんかは別として)

ですから、そのことを意識して接客するのはもちろん、
次にご紹介いただくお客様に、
何らかの資料を持って帰っていただくように心がけるのはどうでしょうか。

たとえば、店のリーフレットやショップカードなどがそれに当たります。

最近では、ブログ(インターネットによる日記)や
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を使う人も増えてきました。
ここに書き込んで紹介してもらえるように、話を盛り上げるのも一つの手段です。

高額商品(高単価)の場合、新規顧客の獲得で特に必要になってくるのが、
この「お客様からのご紹介」だと思います。

価格サービスや特別サービスなども、
「ここのお客になったらこれだけいいことがある」と思っていただいて、
「これならあの方に紹介したら喜んでもらえそう」と思わせること
が必要かもしれません。

こういったことは某大手カフェチェーン店にもあるように
ブランドを作るということにもつながっているように思います。

いろいろなキャンペーンや企画を行っているのはそのためかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です