フレンチやイタリアンのメニュー

メニューを多岐にわたって展開するのは居酒屋スタイルにはよくあるかと思います。
イタリアンのメニューは日本でも定番化していて、チーズは特に大人気だと思います。
ワインも定着しているので、洋風のものが好まれたりするかと思います。
ただ、洋食がいまいち人気が出ないのは、お店の創作料理やアイディア料理に偏りすぎているということもあるそうです。
創作料理やアイディア料理は一時的な人気になったりするそうですが、その他の料理でお客様が納得できなければ、お店からお客様は離れてしまうそうです。
テレビで紹介されて一挙に人気がでたものの、常連客が離れてしまってブームが終わると閑古鳥が鳴いてしまうことになるそうです。
洋風のメニューを開発するならば、家庭料理というふうにつながりでメニューを考えた方がいいかと思います。
イタリア料理は家庭料理の延長線にあるそうです。
ほとんどの料理をメニューの開発に入れ込める可能性は高いそうです。
欧風家庭料理ということでコースを作ったり、一品をウリにするのではなくて、お店の料理の中に定番のイタリアンを入れたりしておくと、お客様も満足がいくかと思います。
洋風居酒屋という考え方もありますが、すべてをアイディア料理にしてしまいがちということも気をつけたほうがいいそうです。
食事ということを考えてメニューを開発していくことが大切だそうです。
フランス料理はとても凝ったもので、修行したシェフなどが作るようなイメージがあるかと思います。
そういった修行をしていない人が作るのはとても大変で、パートやアルバイトに任せるということができないかと思います。
けれどフランス料理にも家庭料理があるかと思います。
家庭で食べる料理を工夫してメニューを開発すると女性客に喜ばれるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です