串揚げ料理のメニュー開発

串揚げ料理屋が人気を集めているようです。
いろんな種類の串揚げを出す所やお客様が揚げて楽しむというようなお店があったりするそうです。
串揚げ料理というのは、関西地方で人気だったようですが、東京でも定着してきたようです。
大阪で人気の串揚げ屋さんは、ソースの二度漬けが駄目などのルールがあったり、女性が入りにくいという感じだったような気がします。
今は若い女性客も増えて、メニューの幅も驚くようなものがたくさんあるようです。
トマトなどのヘルシーな食材やフルーツの串揚げもあるようです。
チョコバナナやクッキーまであるそうです。
オリジナルソースにチョコレートや生クリームを使っても違和感がないというお客様もいるそうです。
素材選びに揚げ油の選定、パン粉の選定など、お客様のヘルシー志向に合うようなものを選ぶのも大切なようです。
旬の食材はもちろん、串の刺し方も工夫することができると思います。
だし巻き卵やサラダなども形を整えて串に刺すということをしているところもあるようです。
串揚げの方は工夫というよりも、何をチョイスするかにかかっていると思いますが、現在のようにライバル店が増えてくると、串揚げ以外のところでメニュー開発をした方がいいようです。
突き出し料理として、キャベツのぶつ切や大根、きゅうりといった生野菜が定番だと思いますが、酢の物というのもいいようです。
酢を使った料理は油の胃もたれを緩和してくれる効果もあるかと思います。」
串揚げはとにかくアイディア勝負のところがあるかと思います。
野菜中心の串揚げでも良いですし、スイーツなども串揚げにしてみて、面白みを出すというのもいいかと思います。
他店との差別化を図るためにも、産地に拘ったり、お酒に拘ったりと、なにかこだわりをもつことが大切なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です