メニュー作成と立地条件

メニューを作る際の立地条件として、いわゆる工場地帯などの場合には特に味が濃いものや油の多く、エネルギーを多く摂取することができるものを中心に取り扱うことがお勧めだといえそうです。このようにしておくことで工場で肉体労働に従事している人々も満足できるようなメニューを提供することが重要だと言えそうです、さらに、このような場合には休憩の時間が同じであるという場合もあるため、なるべく早く提供できるメニューを記載しておくことはもちろんのこと、しっかりとしたボリュームのものを素早く提供できるように準備し 言えるでしょう。これとは対照的に繁華街などの場合には時間に急いでおらずほとんど値段なども気にせずに入ってくる人も多いためオリジナル性が求められるという点では難しいという風に言えるかもしれません。人が並んでいるところに、自然に続けて並びたくなるというような心理状態であるという風に、考えてもいいでしょう。このような場合などには回転率やメニューの工夫はもちろんのこと、流行に敏感なメニューなどを取り入れておくことで、うまく客を取り込むことができるという風に言えるかもしれません。また学生街などの場合などには、あまり料理を頼まない割に長く居座ることも多いためそのような点も考慮して、メニュー作りをしておかなければいけないという風に言えるでしょう。具体的には純喫茶のようにコーヒーを一杯必ず頼まなければならないなどという風に取り決めておくことも有効な対策の一つであるという風に言えるかもしれません。このようにして様々な客層に対して、対策を、取っておくことが重要だということは言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です