お店作りのコンセプトは、店主さんの気持ち作り

飲食店などを開業するにあたって、お店のコンセプトとして、ターゲットをどのように絞るかといったような壁にぶち当たることがあるでしょう。お店のターゲットを設定することで、様々な要素が、確定されて来るはずです。お店のターゲットを設定するということは、さまざまな市場調査を行う必要性も出てきますが、何よりも皆さんが、飲食店を構えるにあたって、お客様にご提供したいことは、何であるのかといったような、コンセプトづくりの「肝」となる部分の確認作業を行うことも大切です。どのお客様が、ご来店され、どんな商品をご提供することで、喜んで頂きたいのか、といったような、ご自身のまずは、店主としての気持ちの整理から始めてみるのも良いのではないでしょうか。飲食店のメニューブックに載せるメニューは、どんなものが得意であり、オススメしたいのか、というような皆さんの得意メニューを整理することで、そのメニューに惹かれて来店されるお客様のターゲット層などの絞込みも可能となってくるでしょう。また、ご来店されるお客様に合わせた、立地を見極めていくことも大切です。どんなに良いコンセプトで作られたお店であっても、お客様にご来店していただかなくては、その経営は破綻を招いてしまいます。より多くのお客様の集客を促すお店作りとは、一体どのようなコンセプトになるのでしょうか 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です